ペットローン審査に通るためには?融資受けるためには!

非正規雇用の人(アルバイトなど)がペットローンを組む場合には様々な条件がついたり制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも確実に返済してもらう判断基準としていますので勤務期間は最低でも1年以上はないと審査に通るのは難しいでしょう。

雇用形態や年収の条件についてですが、イオン銀行だと前年度の税込み年収が200万円以上という条件がついていますがスルガ銀行の場合は年収制限はなく、アルバイトでも申し込むことができます。

信販会社ではオリコが多目的プランという商品でペットローンに対応していますが満20歳以上で安定した収入があれば、雇用形態は不問です。

消費者金融にはペット購入目的のローンはないのですがプロミス目的ローンであれば収入の1/3以内ならアルバイトでも申し込み可能です。

住宅ローンやカードローンに審査があるようにペットローンにも審査があります。

ペットローンを取り扱っている金融機関には銀行や信販会社がありますが審査が厳しくハードルが高いのは銀行のペットローンです。

銀行のペットローンは信販会社のものよりも低金利ですが金利が低いほど審査が厳しくなるという傾向にあります。

ちゃんと返済してくれる人であれば安心して貸すことができるということで見返りとして低い金利で融資してあげますよという事なのです。

銀行のペットローンが一番審査が厳しく次いで信販会社のペットローンとなっています。

スルガ銀行は関東ではあまり馴染がないかもしれませんが実店舗は5大都市圏に展開しているだけでなくネットバンキングでも全国展開している沼津市指定金融機関です。

一般の銀行ではペットローンは多目的ローンで対応しているのですがスルガ銀行はペットローンを独立した商品として存在します。

スルガ銀行ペットローンの内容は、最高限度額800万円と高額にもかかわらず金利2.5%から7.5%と非常に低金利だけでなく、支払回数も最大120回払いと大変良心的なスペックなのが特徴的です。

パソコンやスマホで申込が可能で全てがWeb完結するので来店不要です。

申込資格は年齢が20歳以上65歳未満である人で安定した収入があることが必須となっています。

ショッピングサイトや銀行業務で知られている楽天ですがペットローンと言う商品は取り扱っていません。

楽天銀行にはスーパーローンというカードローンがあるのですがその他には目的型ローンとして、ブライダルローンやトラベルローン、教育ローンがあります。

銀行の目的型ローンは使途は限定されるものの内容に関しての規定ないといのが一般的なのですが楽天銀行の場合は使い道についても限定されています。

楽天銀行のサイトには、ブライダルやトラベルと同じ項目で自動車ローンもありますがこちらは目的型ローンではなく通常のカードローン(楽天スーパーローン)での対応になります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育を除き、その他のローンは通常のカードローンでの融資になりますのでペットローンにこだわらなくて大丈夫です。

ペットローンを組むに当たりペットローンがない銀行や消費者金融などは多目的ローン等、使途を限定して金利を抑えた商品を提供しています。

年利率は、銀行、信販会社、消費者金融の順で低いのですが、低金利なローンほど審査が厳しくなります。

又、同じ金融機関でも使途を限定しないフリーローンというのもありますが、使い道が限られている低金利のローンの方が審査に通るのは大変と言われています。

つまり銀行のペットローンはこの中で一番審査が厳しいことが予想されますから審査に通らないという人は、同行のカードローンに申し込んでみてはいかがでしょう。

銀行カードローンの審査基準は信販会社のペットローン同じくらいとも言われていますので双方の金利を比較して、金利が低いローンに申し込むのも良いと思います。

ペットショップで販売されているペットは数十万円にもなるので現金一括払いという人は少ないと思います。

ショップも動物が売れないことには困ってしまいますから信販会社と提携することでローンを組めるようにしている店舗が多いです。

ショッピングローンというローンは代金を信販会社が立て替えて購入者は信販会社へ利子を付けて分割で返済していくことになります。

クレジットカードでショッピングするのと同じと思われがちですがショッピングローンとは、購入対象の商品だけにローンが適用となるものです。

信販会社と提携しているローンはいわゆるショッピングローンなので審査結果から利用できるまでの時間は早いですが、カードもありませんし追加融資も受けられません。

関東以北の人にはなじみ深いカインズホームではペット用品が豊富に取り扱われている一方、生体の販売は見かけませんね。

しかし、北海道と東北地方を除き、関東地方を中心とした日本各地に「ペッツワン」というペットショップが併設されてる場合があります。

ペッツワンで取り扱っているペットはカインズホームのHPから見ることができ犬、猫、小動物、観賞魚といったカテゴリー別に検索も可能です。

ペッツワンでは特に犬をプッシュしているようで、トップページ上に新着犬がランダムに表示されていますので「この子だ!」と直感する犬に会えるかもしれません。

この子!と言う子が見つかったら、すぐに連れて帰りたいのが心情です。

資金に不安を感じたらペットローンを使うのも有効な方法です。

ペットローンがある金融機関等は数多くありますがいずれのローンでも返済する際には利息必要です。

一般的に金利が低い順に並べると、銀行、信販会社、消費者金融で審査は金利が低くなるほど厳しくなります。

銀行ペットローンの金利で比較してみると、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランの金利はというと、年6.0%から13.2%ですから銀行よりも高い金利となっています。

一方、消費者金融(プロミス)だと、目的ローンという商品になり金利は年6.3%から年16.5%とかなり高金利なのがわかりますね。

融資の最大限度額はイオン銀行が700万円、スルガ銀行は800万円ですがオリコやプロミスなどの消費者金融だと300万円程度です。

クレジットカードで知られているオリコのローンはカードローンや目的別ローン、キャッシングがありますが特に車を購入する際に利用するオートローンは業界のトップをシェアしていることでも有名です。

しかし、オリコにはペットローンはなく、多目的プランを利用することになります。

そのため、ペットショップがオリコと提携していれば多目的ローンの申請になりますがオリコの審査は非常に早いので、その場で審査に通ればすぐに契約することができます。

返済利率は6.0%から13.2%、担保や保証人は不要で、借入可能額は10万円から300万円までとなっています。

注意点として、オリコから借り入れるお金が50万円を超える場合や他社からの借入れと合計で100万円を超える場合は所得証明書が必要になることがあげられます。

ペットローンという商品を扱っている金融機関はまだ少ないですが多目的ローンというローンで対応している金融業者は多いです。

融資してくれる金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、総量規制がある消費者金融だと、無職の人は融資を受けることはできません。

銀行は総称規制の対象外なので法律上は無職や無収入の人でも借り入れることはできますが、申込資格に安定かつ継続した収入があることと条件付けされている場合が多いので、完全に無収入の人は厳しいでしょう。

信販会社のショッピングローンについて説明するとペットローンの場合だと、ペットの料金を信販会社が立て替えて支払ってくれるというものです。

ショッピングローンは審査のハードルは高くないように思われますがこちらも申込資格には「安定継続した収入」が条件になっていることが大半です。

ペットローンというローンを提供している銀行は意外と少なく大多数の銀行は目的別ローンで対応しています。

イオン銀行やスルガ銀行などにはペットローンがあり、信販会社が提供するペットローンよりも低金利で利用できます。

イオン銀行の場合は、融資可能額は30万円から700万円で、年利は3.8%から年8.8%、返済期間は1年から8年までとなっています。

一方で、スルガ銀行のペットローン金利が年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、借入期間は最大10年となっています。

銀行のペットローンはとても魅力的なのがお分かり頂けたかと思いますがそれだけ審査が厳しくなっているのは否めません。

ペットローンはペットの購入費や治療費など使い道が限られているローンですが当然、ローンの審査にクリアしなければ利用することはできません。

申請するには郵送やインターネットから選べ、申込書に記入し送付または送信しなければいけません。

申請に必要なものとして、本人確認書類のほかに収入を証明する書類も必要な場合があります。

すでに他社からの融資を受けていたり、所得制限があるローンでも収入証明書類が必要ですので、事前に用意しておきましょう。

ペットローンは用途が限定されているローンなのでペットショップが発行する見積書なども必要になります。

ペットローンを利用してペットを飼いたいんだけど年収が低くて審査に通るか不安などローンを組む勇気が持てないという人も多いのではないでしょうか?ペットローンを組むには「安定かつ継続した収入があること」という条件がある場合が多く具体的に年収を条件として設けられているのはイオン銀行だけです。

ペットローンではパートやアルバイトでも安定した収入があればOKというローンが多く金額よりも安定・継続して勤務しているかということを重要視されているようです。

当然、年収は多い方が有利に働くことは間違いありませんがそれよりも勤続年数が長いことの事の方が重要です。

他にも、過去にローンの滞納がないか?自己破産歴がないか?など、返済状況や金融事故歴があるほうが、審査の壁となるでしょう。

ペットローンは生き物(動物)を購入するためのローンですが支払代金を借りるということは一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

そのため、ローン審査を受けて承認されない限り気に入った子を見つけてもローンが組めないということになります。

ペットローンに落ちたという話をよく耳にしますが審査に落ちた人は、その原因を解明しないと他のローン審査も通過できない可能性があります。

これまでに自己破産や債務整理の経験があったりそういうことに覚えがあるという人は恐らく信用情報に問題があります。

また、数社から借金をしているとか申込時に通りやすくなるよう嘘の申告があった場合は問題外です。

ペットショップのコジマでペットローンを組む場合はショッピングローンとなり信販会社の審査を受けることになります。

コジマと提携している信販会社はセディナやオリコなどがありますが、多くの会社ではペットローンという商品は取り扱っておらず、目的別ローンとしてペットの購入に利用できるようになっています。

目的別ローンとはローンの使い道が制限されていることで低い金利で借入できるローンのことでその代表的なものは、自動車を購入する際のオートローンやマイカーローンといったローンが上げられます。

オリコの場合は多目的プランという名称で最高300万円まで借りることができます。

セディナの場合は総合目的ローンという商品で金利は7.8%から11.8%で最大融資額は300万円となっています。

ペットローンの審査基準ってどうなっているの?

ペットローンを用意している銀行や信販会社は色々とありますがいずれのローンを利用したとしても返済する際には利息を加算する必要があります。

一般的に金利が低いとされている順だと、銀行、信販会社、消費者金融という並びになり金利が低くなるにつれ審査の厳しさが上がります。

銀行ペットローンの金利を例にすると、イオン銀行は年利3.8%から年8.8%、スルガ銀行は年利2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランの場合は年6.0%から13.2%というように銀行よりも高めの金利になっています。

一方、消費者金融(プロミス)だと、目的ローンという商品になり金利は通常のカードローンよりも1.0%ほど低めですが年6.3%から年16.5%と一番高くなっています。

融資の最大限度額はイオン銀行が700万円、スルガ銀行は800万円ですがオリコやプロミスは300万円と低く、プロミスには総量規制が適用されます。

ペットショップで有名なコジマでペットを購入し、ペットローンを組む場合はショッピングローンとなります。

信販会社には、セディナやオリコなどがありますが、多くの会社ではペットローンではなく、目的別ローンとしてペットにも利用できるように対応しています。

目的別ローンとは使い道が限られていることで低い金利で融資を可能のしたローンのことでその代表的なものは、自動車を購入する際のオートローンやマイカーローンといったローンが上げられます。

オリコだと多目的プランというサービス名で最高300万円まで借りることができます。

セディナには総合目的ローンという商品があり金利は7.8%から11.8%で最大融資額は300万円となっています。

ペットローンを提供している銀行は少なくほとんどの場合で目的別ローンというローンで対応しています。

ペットローンがある銀行はイオン銀行やスルガ銀行などで、信販会社のローンと比較してかなり低金利になっています。

イオン銀行だと年利3.8%から年8.8%で借入金額は30万円から700万円まで、借入期間は8年まで、繰り上げ返済手数料は無料です。

一方で、スルガ銀行のペットローン金利が年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、借入期間は最大10年となっています。

このように銀行のペットローンは低金利で限度額が高いのが魅力ですがその分、審査が厳しくなりますのでご注意ください。

カインズホームでは生体の販売はあまり見かけないかもしれません。

しかし、関東地方を中心とした日本各地において「ペッツワン」というペットショップが併設している店舗があるのです。

ペッツワンで取り扱っているペットはカインズホームのHPから見ることができ犬、猫、小動物、観賞魚といったカテゴリー別に検索も可能です。

特に犬の販売に力を入れているようでトップページには1ヶ月以内の新着犬がランダムに表示されていますのでビビビと直感する犬に会えるかもしれません。

気に入った子が見つかったら、すぐに連れて帰りたいのが心情ですが資金に不安を感じたらペットローンの利用をおすすめします。

ペットローンを専門に取り扱う金融業者はまだ少ないですが目的別ローンや多目的ローンで対応している業者は多いです。

融資してくれる金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、総量規制がある消費者金融だと、無職の人は融資を受けることはできません。

銀行は総称規制の対象外ですから無職や無収入の人でも借り入れ可能とされていますが、ほとんどの銀行で「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされています。

信販会社のショッピングローンはどうものかというと、ペットローンの場合はペットの代金を信販会社が立て替えて支払うことになります。

この場合、直接現金をやり取りするわけではありませんので審査のハードルは高くないように思われますがショッピングローンも「安定継続した収入」が条件になっていることが一般的です。

ペットだってケガや病気になる可能性は当然あるのですが人間のような医療保険制度が確立されてはいません。

ちょっとした通院でも全額実費になりますので数万円の治療費はざらにあると覚悟しておかなければいけません。

最近はペット保険が増えてきましたが、毎月の掛け金が高額なのに給付金が少なかったり給付条件が厳しいなど保険に入るメリットを感じられない保険も多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは病気になる確率も低いためペット保険はまだ入る必要はないとと感じる人も少なくないと思います。

最近では、転ばぬ先の杖として保険に加入するよりも病気になって大金が必要になってしまった場合に、ペットローンの利用を検討するという人も多いようです。

ペットローンを利用してペットを飼いたいんだけど年収が低くて審査に通るか不安など最初の一歩が踏み出せないという人もいるのではないでしょうか?ペットローンを申し込むには「安定かつ継続した収入があること」とされている場合がほとんどで具体的に年収を条件として設けられているのはイオン銀行だけです。

ペットローンでは収入がきちんとあればパートやアルバイトでも借入OKというローンが多く金額よりも安定・継続して勤務しているかということを重要視されているようです。

もちろん、収入は多い方が有利ですがそれよりも勤続年数が長いことの事の方が重要です。

その他にも、過去にローンの遅延や滞納がなかったか?債務整理や自己破産歴がないかなど、金融事故歴のほうがよっぽど審査の障害となります。

楽天市場や銀行で有名な楽天ですがペットローンと言う商品は取り扱っていません。

楽天銀行には使い道に制限がないカードローンがあるのですがその他には目的型ローンとして、教育ローン等と言ったローンがあります。

通常、銀行の目的型ローンは使途を限定するだけで内容に関しての規定はありませんが楽天銀行の目的型ローンは使い道についても限定されています。

楽天銀行のサイトには、自動車ローンも掲載されているのですがこちらは通常のカードローン(楽天スーパーローン)扱いになります。

このように楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育以外の借入は楽天スーパーローンということになりますのでペットローンというサービスにこだわる必要性はありません。

非正規雇用の人(アルバイトなど)がペットローンを組む場合には条件が増えたり、制限を受ける場合がありますから注意してください。

どの金融機関でも確実に返済してもらう判断基準として「安定かつ継続した収入」が条件になりますので継続勤務期間は最低でも1年以上は欲しいところです。

イオン銀行には前年度年収が200万円以上という条件があるのですがスルガ銀行の場合は年収制限はなく、アルバイトでも申し込むことができます。

信販会社ではオリコが多目的プランという商品でペットローンに対応していますがこちらも満20歳以上かつ、安定した収入がある人であれば、アルバイトでもOKです。

消費者金融だと、ペットローンというローンはないのですがプロミスの目的ローンは収入の1/3以内ならアルバイトでも利用可能です。

ペットローンを組むに当たりペットローンがない銀行や消費者金融などは目的別ローンといった形で使い道を制限し金利を抑えた商品を提供しています。

年利率は、銀行のペットローンが一番低いのですが審査の厳しさは低金利なローンほど難易度があがると言われています。

参考:ペットローン審査甘い?審査基準は厳しい?【ローンの組み方】

又、同じ金融機関でもカードローンのような使途を限定しないフリーローンもありますが、使途を厳しく制限されている低金利ローンの方が審査は厳しいと言われています。

よって銀行のペットローンはローンの中でも最高峰に審査が厳しいはずですので審査に通らないという人は、同じ銀行のカードローンなら審査をパスできるかもしれません。

銀行カードローンの審査基準は信販会社のペットローン同じくらいとも言われていますので双方の金利を比較して、金利が低いローンに申し込むのも良いと思います。

三井住友のセディナにはペットローンというローンはないのですが総合目的ローンという商品でローンを組むことが可能です。

セディナの総合目的ローンは、多額の資金が必要になったときに利用出来るローンです。

ペットショップから発行された契約書などがあれば融資の使い道を証明できますので、ペットの購入にも利用できます。

申請条件は満20歳以上であることや、安定継続した収入があり、勤続年数が1年以上と規定されています。

金利は7.8%から11.8%、融資額は5万円から300万円、返済期間は最長5年(60回)、しかも担保や保証人不要ですから安心して利用することができますね。

スルガ銀行は関東ではあまり馴染がないかもしれませんがネットバンキングでは全国展開しています。

一般の銀行ではペットローンは多目的ローンで対応しているのですがスルガ銀行はペットローンを独立したローンとして商品化している数少ない銀行です。

スルガ銀行ペットローンの内容は、最高限度額800万円と高額にもかかわらず金利2.5%から7.5%と非常に低金利だけでなく、支払回数も最大120回払いと大変良心的なスペックなのが特徴的です。

全国どこからでも申込が可能で審査から契約手続きまで全てがWeb完結しますから、来店の必要はありません。

ペットローンの申込資格は年齢が20歳以上65歳未満、安定・継続した収入があることが条件になっています。

ペットショップで扱っている生体は数十万円もすることがあるので現金一括払いという人は珍しいかもしれません。

ペットショップも動物が売れなければ商売になりませんから信販会社と提携してペットローンを組めるようしています。

ショッピングローンはペットの購入費を信販会社が立て替えることで購入者は代金を信販会社へ分割払いで返済していくというものです。

クレジットカードで買い物をするのと同じと思われがちですがショッピングローンというローンは購入対象の商品だけのローンになります。

信販会社のローンはショッピングローンなので審査結果から利用できるまでの時間は非常にスピーディです。

ペットローンとは動物を買う際に購入資金を工面するために用意されたローンです。

人気の犬種で比較的安価な柴犬でも20万前後が相場ですしトイプードルやロングチワワでは20万円から38万円と高価になります。

人気の猫種だと、アメリカンショートヘアーなどは25万前後が相場でブリティッシュショートヘアーの場合だと21万円から38万円となっています。

さらに血統書の有無でも価格は変わってきますので犬や猫を飼うということは決して安い買い物ではありません。

ペット選びというのは、運命の出会いですからペットローンを有効に利用してお迎えしてください。

ペットローンはペットの購入費や治療費など使い道が限られているローンですが他のローンと同じで、ローンに申込み、審査に通る必要があります。

申請方法は郵送やインターネットがあり、ローン申込書に記入し提出することになります。

申請に必要なものとして、免許書やパスポートといった本人確認書類のほかに収入証明書類の提出が求められる場合もあります。

すでに他社からの融資を受けていて、今回の借入と合算して100万円を越える場合や所得制限があるローンでも収入証明書類が必要ですので、事前に用意しておきましょう。

ペットローンは使途が限られているローンなので使途を確認できる見積書や領収書なども必要です。