高速バスは当日予約OK?予約方法は?

高速バスのランキングサイトなどでよく名前を見る会社についてのいろいろな評判を調べてみました。

特に夜行バスがよく運行されているというVIPライナーですが車内設備の充実度や独自サービスなどが人気の秘密のようです。

そしてかなり安めの料金設定だというサンシャインツアーですがそれ以外にパックツアーがいろいろ選べる点も評価されているそう。

またピンクのバスでご存知の方も多いであろうWILLEREXPRESSはバスを選べる上心配りも細やかとのことで評価されているようです。

少し調べただけでも数多くの会社が見つかりますが予算だけでなく安全面へのこだわりも含めて検討するのが良いと思います。

ほかの交通手段と比べての長距離のバスは時間がかかります。

移動が長くて疲れる...という人のためにいくつか対処法を考えてみました。

まず社内で何をして良いかわからない人はモニター付きのものを選んでみては?本や漫画を読むと酔ってしまうという人でも前を向いたままモニターを見られるので気持ち悪くなりにくいと思います。

それから同じ体勢を続けるのがつらい場合は首や腰を支える枕を用意したり、もしくはフルフラットに近いくらい座席を倒すことができる車両を選んでみたりしてみてはいかがでしょうか。

アイマスクや足のむくみ取りなども快適な時間を過ごすためには役立ちますよ。

長距離移動の最安値としておなじみの乗り物というと思い浮かぶのがバスという人も少なくないと思います。

調べたところ東京と大阪の移動で片道2000円ほどという驚きの低価格が実現されているところもあります。

そしてこれは夜行だと特にですが睡眠に充てるのにぴったりな移動時間のものが多いのであえてバスという交通手段を選ぶ人もいるそうなのです。

時間的にはやはり新幹線や飛行機の数倍かかったりしますが料金の安さはそれを十分にカバーすると思います。

メリットデメリットを合わせて検討したいですね。

乗り物に酔いやすい人にとって旅の移動は一種のプレッシャーになる場合があります。

せっかくの旅行も不安なことがあったら思い切り楽しめないかもしれません。

長距離バスではもちろん自分以外の乗客がたくさんいますし気分が悪くなっても自分のタイミングで車外に出ることは難しい状況です。

よってここではいくつか車酔いしないためのコツをご紹介します。

バスに乗る前の準備ですがさっぱりして適度にお腹が膨れる食事をとったあとは、薬も飲んでおくと良いでしょう。

服装はしめつけないゆるっとしたものが良いです。

持ち込む飲み物は炭酸水が良いと思います。

遠くの景色を眺めるのも意外と効果があります。

テレビで毎年のように大型車の事故を目にします。

大きく取り上げられていたこともありよく記憶に残って気にしている人も少なくないことでしょう。

特に高速道路においてはどの車もある程度速いスピードで走行しています。

大きな車は技術的な面でも難しいものがあるでしょうしスピードが出れば出るほどパワーも恐ろしいほど大きくなります。

一説によれば事故率自体は抜群に高いわけではないとのことですが運転が人間の技術に依るところが大きな乗り物ということもありいざとなると大きな事故になり得るのかもしれません。

数時間に及ぶ移動時間をどう有意義に過ごせるかというのは実際高速バスを利用したことがある人なら考えたことでしょう。

何もしないのが一番と早々に眠りにつく人もいると思いますがせっかくの時間を楽しんで使いたいと思う人もおられることでしょう。

チェックしてみますと選択条件に無線LAN搭載車があるところもありました。

仕事やゲームで移動中でもネットを使いたい場合も少なくないでしょうし、モバイル機器を持つ人が増えた昨今では需要が増えてきているのかもしれません。

もちろんこれらをいざ使うとなった場合には光や音に配慮して楽しみましょうね。

高速バスの本数が多い区間の一つに東京大阪間があります。

移動時間は長いですが5000円から8000円くらいの格安料金がほとんどです。

この区間で別の移動手段を使うとすると新幹線でなら時間は3時間かかり金額が14500円ほどと跳ね上がります。

また飛行機では乗っている時間自体は1時間と少しですが空港までの行き来にかかる手間と一万円以上の金額がネックです。

こうして比べてみると費用面でのメリットが大きいのがバスでしょう。

もちろん移動に何を求めるかは時と場合にもよるでしょうから利用目的なども含め自分がどうしたいのか選択する必要があると思います。

気の合う人たちとの旅行に思いを馳せながらつらいことも我慢しているという人もおられるかもしれません。

そうすると時間もお金も無駄に浪費するわけにはいきません。

どちらもお得に観光するためのプランとして移動手段を長距離バスにするということが考えられます。

一番のメリットは料金面ですがもちろんそれだけではありません。

休憩に訪れるSAでもおやつや景色などを楽しめますし、夜の間に移動もできるので旅行前日に夕方まで仕事をしても目的地では朝から余裕を持ったスケジュールでまわることができます。

引用:高速バス座席選びのコツとは?バス旅行を楽しむ!【3列独立シートとは】

楽しい旅行ですから存分に満喫したいですよね。

バス会社のホームページを見るとディズニーランド行きの高速バスの人気は抜群のようです。

日本の中心のテーマパークとして全国から人を集める場所ですからバスが毎日人を運んでいるのも当然といったら当然かもしれません。

また現地着の利点は開園時間に間に合う時間に着くところなので楽なうえに時間も有効に使うことができます。

さらに移動費を安く抑えることでその分園内で食事を楽しんだりお土産を買ったりする余裕ができますし、節約できた分行く回数を増やすこともできるかもしれません。

たくさんの人に選ばれているだけの理由があるということですね。

長距離を移動中に気がかりなことと言えばスマホなどのバッテリーがどれだけ残っているか。

少し空いた暇な時間にいじっていると思っていた以上に減りが早い!という経験がある方も多いかと思います。

充電ができる乗り物には身近なところで新幹線がありますが何気に高速バスにも一部コンセント付きのものがあります。

そういったバスの特集がまとめられているほどに利用者に求められているサービスのひとつと言えます。

席一つ一つにあるというのもありがたい点ですね。

高速バスのメリットは多くありますがふたつほど挙げてみたいと思います。

まず第一に挙げられるのは他と比べても明らかな安さ。

もちろん重要なのは安全面でもありますし安ければ良いわけではありませんのでそこはしっかりとした調査や判断が必要になってくるところではありますが、とにかく安い交通手段を求めている人にとっては大きな魅力です。

また時間を有効活用することができるという点もあります。

夜行で移動すれば乗車中に睡眠がとれるので次の日は朝からでも行動ができます。

移動中も着いてからも有意義に過ごしたいですね。

人数に関係なく女の人が長距離バスを利用して長旅をする際に特に防犯面が気になるという人もおられることでしょう。

加えてリラックスした状態で乗りたい人がほとんどでしょうからできれば男性の目は気にせずのびのび過ごしたいと考えるのも無理のない話かと思います。

そういうときにありがたいのが女性専用で利用できる車両です。

車内でエリアを区切って男女別に対応しているバスもありますが車両まるごと女の人だけというなら楽ちんです。

目的に合わせた車両選びをしましょう。

どうしたら高速バスに乗れるのかわからない...。

とお思いの方のために予約の仕方をご説明したいと思います。

使える状況ならネットが一番便利でしょう。

リアルタイムで席の確認や指定ができたりしますし車両の説明も載っていたりするので確認しながら選ぶことができます。

また電話からも可能です。

この方法なら不明瞭な点も聞けるのでその点良いと思います。

一部窓口などで乗車券を手に入れられたり便利なところではコンビニ端末でも購入可能だったりするとか。

自分にとって一番利用しやすい方法を選びましょう。

はじめての高速バスで何を準備して良いかわからない人は長時間移動による乾燥やむくみなどの対処法を覚えていくと良いでしょう。

少し荷物になりますが飴やマスク、エアクッションやマッサージグッズがあると快適です。

またバスに乗る場所も降りる場所も確認が必要です。

普通の路線バスとは場所が違うことがほとんどですので地図をきちんと確認し集合時間や発車時間には確実に着けるよう行動しましょう。

夜間の移動なら寝るということも考えて体をしめつけない服装にし歯ブラシなど身支度するためのアイテムも用意しておきましょう。

また貴重品ポーチなどを使って大切なものはしっかり守りましょう。

高速バス乗車中に尿意を感じたらどうすれば良いのでしょうか。

夜行なら普段から寝ている時間帯なので気にしないという人もおられるでしょうが、どれもほぼ乗車時間が数時間を超えますから確実に大丈夫という人はいないのではないかと思います。

運転手さんのためにも数回休憩をとりつつ目的地へ向かうのでどうしても我慢できない!となることは少ないかと思いますが、それでも急に強烈な便意を感じるときなどただちに行かなくてはならない状況に陥る可能性もゼロではありません。

それらの不安を解消してくれるのがトイレ付きのバスです。

あると思うだけで安心感が格段に違いますからおすすめです。