Loading...
Latest news

ほとんどの銀行がペットローンと言うサービスの提供は行っていません

残念ながら、人間のような医療保険制度が確立されていないのが現状です

ペットも当然ケガや病気になる可能性はあるのです。

ですから、ちょっとした通院でも全て実費で計算されるので数万円の治療費は起こり得ることと覚悟していなければなりません。

最近はペット保険が増えてきましたが、毎月の掛け金が高額なのに給付金が少なかったり給付条件が厳しかったり、申請できる回数が少なかったりなどあまりメリットを感じない保険も多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは健康なので保険のお世話になる心配は少ないのですからペット保険は掛け損だと思う人もいるでしょう。

最近は、転ばぬ先の杖として保険に入ることよりも転んだ時の対策としてペットローンで治療費を工面するという人も増えているようです。

ショッピングサイトで有名な楽天ですがペットローンと言うサービスの提供は行っていません。

楽天銀行にはスーパーローンというカードローンがあるのですがその他には教育ローンやブライダルローンといった目的型ローンがあります。

通常、銀行の目的型ローンは使い道が限定されるだけで、内容に関しての規定はされていないのですが楽天銀行の場合はブライダルローンはブライダル専用(金利年7.0%)というように使い道についても限定されています。

楽天銀行には自動車ローンもあるのですがこちらは通常のカードローン(楽天スーパーローン)扱いになります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育を除き、他のローンはすべて通常のカードローンになりますのでペットローンにこだわらなくて大丈夫です。

ペットローンを組みたいけれど年収が低くて審査に通るか不安とか自信がないなど最初の一歩が踏み出せないという人もいるのではないでしょうか?ペットローンには「安定かつ継続した収入があること」とされていることが大半で具体的に年収を条件として設けられているのはイオン銀行だけです。

ペットローンでは収入があれば非正規雇用でもOKというローンが多く収入よりも安定かつ継続して勤務しているということの方が重要視されているようです。

当然、年収は多い方が有利に働くことは間違いありませんがそれよりも勤続年数が1年以上(できれば3年以上)ある事の方が重要です。

その他にも、過去にローンの遅延や滞納がなかったか?など、返済状況や金融事故歴があるほうが、審査の壁となるでしょう。

非正規雇用の人(アルバイトなど)がペットローンを組む場合には借入条件が厳しくなったり、制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも「安定かつ継続した収入」が条件になりますので勤務期間は最低でも1年以上継続していることが望ましいです。

雇用形態や年収については、イオン銀行では前年度年収が200万円以上という条件がありますがスルガ銀行の場合は年収制限はありません。

信販会社だと、オリコで多目的プランというペットローンに対応ローンがあるのですが満20歳以上で安定した収入があれば、雇用形態は不問です。

消費者金融だと、ペットローンというローンはないのですがプロミスの目的ローンなら、収入の1/3以内ならアルバイトでも融資を受けることができます。

三井住友のセディナにはペットローンというローンはないのですが総合目的ローンという商品でローンを組むことが可能です。

セディナの総合目的ローンは、大きな額の資金が必要になったときに利用出来るというローンです。

ペットショップの見積書や契約書があれば動物の購入にも利用できます。

申込条件は満20歳以上で完済時の年齢が65歳以下の人、安定継続した収入があることや、勤続年数などが借入条件として規定されています。

貸付金利は7.8%から11.8%と低めに設定となっており、返済期間は最長5年(60回)、しかも担保や保証人不要ですから安心して利用することができますね。

スルガ銀行は関東では知らない人も多いかもしれませんが、静岡県に本店がある地方銀行で実店舗は5大都市圏に展開しているだけでなくネットバンキングでも全国展開している沼津市指定金融機関です。

銀行だとペットを購入する際は多目的ローンで対応することが多いのですがスルガ銀行はペットローンを取り扱っている数少ない銀行です。

スルガ銀行のペットローンは、借入限度額が最高で800万円と高額にもかかわらず年利が2.5%から7.5%、支払回数は最大120回払いと非常に良心的なスペックです。

インターネットで全国どこからでも申込でき審査から契約手続きまで全てがWeb完結しますから、来店の必要はありません。

ペットローンの申込資格は年齢が20歳以上65歳未満、安定した収入が必要です。

ペットローンというサービスを提供している金融業者はまだ少ないですが多目的ローンといった名称で対応している業者は多いです。

ローンを提供している金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、総量規制がある消費者金融は、無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも借りることはできますが、ほとんどの金融機関で申込資格に「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされていることが多いです。

信販会社のショッピングローンはある決まった商品を購入するためだけに組まれるローンなのでペットローンの場合はペットの購入代金を信販会社が立て替えて支払う仕組みになっています。

この場合、直接現金をやり取りするわけではありませんので審査のハードルは高くないように思われますがショッピングローンも申込資格には「安定継続した収入」が必須なっている場合が多いです。

住宅ローンを組む際に審査があるようにペットローンを利用する際にも審査を受けて承認されなければなりません。

ペットローンは銀行や信販会社などで取り扱っていますが審査が厳しいとされるのは銀行のペットローンです。

銀行のペットローンは信販会社のものよりも低金利ですが低金利であればあるほど審査が厳しくなるというのはローン審査の常識です。

つまり、きちんと返済してくれる人なら安心して貸すことができるのでその見返りとして低金利で貸してあげますよという事なのです。

銀行のペットローンが一番審査の難易度が高く、その次は信販会社のペットローンで銀行のカードローン並みの厳しさと言われています。

ペットローンとは動物を買う際に用意されているローンです

人気の犬種で一番安価な柴犬でも13万円から28万円が相場ですしトイプードルやロングチワワでは20万円から38万円と高価になります。

人気の猫種だと、アメリカンショートヘアーなどは25万前後が相場でブリティッシュショートヘアーは30万前後となっています。

更に血統書の有無やブリーダーによっても価格が大きく変わることがありますので犬や猫を飼うということは、高性能のパソコンなみにお金がかかりますから決して安い買い物ではないのです。

ペットを家族に迎えるということは、ビビッときた子と出会った時が運命なので他の人の子になってしまう前に、ペットローンを有効に利用しましょう。

ペットローンという商品を取り扱っていない銀行や消費者金融などは多目的ローンとか目的別ローンというように使途を限定する目的で金利を抑えた商品を提供しています。

年利率は、銀行、信販会社、消費者金融の順で低いのですが、審査の厳しさは低金利なローンほど難易度があがると言われています。

又、同じ金融機関でも使途を限定しないフリーローンというのもありますが、使途を厳しく制限されている低金利ローンの方が審査は厳しいと言われています。

よって銀行のペットローンはローンの中でも格段に審査が厳しいと思われますので審査になかなか通らないという人は、同じ銀行のカードローンであれば審査をクリアできるかもしれません。

又、銀行カードローンの審査は信販会社で提供しているペットローンと同じくらいの審査基準という話もありますから両者の金利を比較して、低金利のローンに申し込むのもオススメです。

ペットもケガや病気になることは十分考えられるのですが人間のような医療保険制度には程遠いものといえるでしょう。

ちょっとした病気でも全て実費なので数万円の治療費はざらにあると覚悟しておかなければいけません。

最近ではペット保険が普及しつつありますが、給付条件が厳しかったり、申請できる回数が少なかったりなどあまりメリットを感じない保険も多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは病気になる確率も低いためペット保険は損と感じる人も多いようです。

最近は、転ばぬ先の杖としてペット保険を選択するよりも病気になって大金が必要になってしまった場合に、ペットローンの利用を検討するという人も多いようです。

ペットローンというローンを取り扱っている金融業者はあまりないのですが多目的ローンというローンで対応している金融業者は多いです。

ローンを提供している金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、消費者金融には総量規制がありますので無職の人は申込み不可です。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも融資を受けることはできるのですが、申込資格に「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされている場合が多いです。

信販会社のショッピングローンについて説明するとペットローンを例にすると、ペットの代金を信販会社が立て替えて支払し、その後購入者が信販会社に月々返済していくという仕組みです。

ショッピングローンは審査のハードルは高くないように思われますがこちらも申込資格には「安定継続した収入」という項目があることが多いです。

ペットローンがある金融機関等は数多くありますがいずれのローンを利用したとしても返済する際には利息を加算する必要があります。

金利の設定は一般的に金利が低い順に並べますと、銀行、信販会社、消費者金融と言われており金利が低くなるにつれ審査の厳しさが上がります。

銀行ペットローンの金利を例にあげてみますと、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランだと年6.0%から13.2%ですから銀行よりも高い金利なのです。

一方、消費者金融のプロミスの場合、ペットローンではなく目的ローンという商品になり金利は年6.3%から年16.5%とかなり高金利なのがわかりますね。

借入できる限度額はスルガ銀行は800万円、イオン銀行が700万円と高額融資も可能なのに対し、消費者金融のプロミスの場合は300万円程度で、総量規制も適用されます。

スルガ銀行は関東ではあまり馴染がないかもしれませんが実店舗は5大都市圏に展開している沼津市指定金融機関です。

通常、銀行では動物を購入する際のローンは多目的ローンの利用となる場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンを商品化している数少ない銀行です。

最高限度額800万円と高額にもかかわらず金利2.5%から7.5%と非常に低金利だけでなく、支払回数も最大120回払いと大変良心的なスペックなのが特徴的です。

全国どこからでも24時間パソコンやスマホで申込が可能で全てWeb完結します。

ペットローンの申込資格は年齢が20歳以上65歳未満、安定した収入が必要です。

住宅ローンを組むに当たり審査は避けて通れませんがペットローンにも審査を受けて承認されなければ融資を受けることはできません。

ペットローンのある金融機関には銀行や信販会社などがありますが審査が厳しいとされるのは銀行のペットローンです。

銀行のペットローンはペットショップで組むローンと比較すると低金利なので人気が高いのですがローン審査の常識として、金利が低いほど審査が厳しくなるという傾向にあります。

つまり、キチンと返してくれる人なら安心して貸すことができるので見返りとして低い金利で融資してあげますよという事なのです。

審査の難易度は、銀行のペットローンが一番難しくその次は信販会社のペットローンのようです。

ペットローンを利用してペットを飼いたいんだけど年収が低くて審査に通るか不安などローンを組む勇気が持てないという人も多いのではないでしょうか?ペットローンには「安定かつ継続した収入があること」とされていることが大半で具体的に年収制限が設けられているのはイオン銀行くらいではないでしょうか。

ペットローンでは収入がきちんとあればパートやアルバイトでも借入OKというローンが多く年収よりも、安定かつ継続のということの方が重要視されているようです。

当然、年収は多い方が有利になりますが勤続年数が長い方が審査は有利になるでしょう。

その他にも、過去に債務整理や自己破産歴がないかなど、返済状況や金融事故歴のほうが問題になりますから、年収ばかりに気をとられていてはいけません。