Loading...
Latest news

アルバイトの人がペットローンを組む場合について

期間や金額等制限を受けることがありますから注意してください

どの金融機関でも「安定かつ継続した収入」が条件になりますので勤務期間は最低でも1年以上継続していることが望ましいです。

また、イオン銀行の場合では前年度の税込み年収が200万円以上という条件がありますがスルガ銀行の場合は年収制限はなく、アルバイトでも申し込むことができます。

信販会社だと、オリコで多目的プランというペットローンに対応ローンがあるのですが満20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトでも申し込みは可能です。

消費者金融にはペットローンというローンの提供はされていませんがプロミスの目的ローンという低金利なローンなら、収入の1/3以内ならアルバイトでも借入できます。

関東以北の人にはなじみ深いカインズホームではペットグッズは充実していますが、生体の販売はあまり見かけません。

しかし、関東を中心とした日本各地のカインズホームにて「ペッツワン」というペットショップが併設されてる場合があります。

ペッツワンで取り扱っているペットはカインズホームのHPから見ることができ犬、猫、小動物など、カテゴリー別に検索することができます。

トップページには1ヶ月以内の新着犬がランダムに表示されるので運命を感じさせる犬と巡り合えるかもしれません。

気に入った子がいた場合は、よその子になってしまうまえにすぐに連れて帰りたいはずですので資金が乏しい場合はペットローンの検討をしてみることをおすすめします。

ペットローンを組むに当たりペットローンがない銀行や消費者金融などは多目的ローンとか目的別ローンというように使途を限定する目的で金利を抑えた商品を提供しています。

年利率は、銀行のペットローンが一番低く、次いで信販会社のペットローン、消費者金融となっていますが低金利なローンほど審査が厳しくなります。

又、同じ金融機関でもカードローンのような使途を限定しないフリーローンもありますが、ペットローンのように使途を限定することにより低金利にしたローンの方が審査は厳しいと言われています。

つまり銀行のペットローンはローンの中でも一番審査が厳しいことが予想されますから審査に通らないという人は、同じ銀行のカードローンなら審査をパスできるかもしれません。

又、銀行カードローンの審査は信販会社で提供しているペットローンと同じくらいの審査基準という話もありますから双方の金利を比べて、金利が低いローンを利用するというのもアリだと思います。

ペットを買う際にローンを組むことを検討しているのであれば頭金を納めておくと借入金額を減らすことができます。

借入金額が少なければ審査のハードルも低くなりますので安心してローンに申し込むことができますよね。

頭金を納める金額は多いに越したことはないのですがいくら納めるかは任意です。

ただし、犬や猫だと狂犬病やワクチンなど別途費用が数万円かかりますから手持ちのお金をすべて頭金につぎ込んではいけません。

その他にも、首輪や餌、ペットシーツなどのといった費用も必要になりますし小屋やケージ、サークル等を含めると数万円はかかることを計算しておきましょう。

セディナにはペットローンは用意されていないのですが総合目的ローンという商品を利用することができます。

セディナの総合目的ローンは入院や出産、引っ越し、結婚式など大きな資金が入用になった際に利用出来るローンです。

ペットショップから発行された契約書などがあれば使途を証明できるのでペットローンにも利用できます。

申込条件は満20歳以上で、安定継続した収入があることや、勤続年数が1年以上などといった規定があります。

融資額は5万円から300万円、金利は7.8%から11.8%、返済期間は最長5年となっていますので、無理のない返済が可能となっています。

大手ショッピングサイトを運営している楽天ですがペットローンと言うサービスの提供は行っていません。

楽天銀行にはスーパーローンという使途が自由なカードローンがありますがその他には目的型ローンとして、教育ローン等と言ったローンがあります。

銀行の目的型ローンは使途は限定されるものの内容に関しての規定ないといのが一般的なのですが楽天銀行の場合はブライダルローンはブライダル専用(金利年7.0%)というように使い道についても限定されています。

楽天銀行のサイトには、ブライダルローンなど同じ項目で自動車ローンも掲載されていますがこちらは通常のカードローン(楽天スーパーローン)扱いになります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育を除き、他のローンはすべて通常のカードローンになりますのでペットローンという名称にこだわる必要はまったくありません。

ペットローンはペットの購入費や治療費など使い道が限られているローンですが当然、ローンの審査にクリアしなければ利用することはできません。

申込み方法には郵送やインターネットがあり、ローン申込書に記入し提出(送付または送信)する必要があります。

申請に必要なものとして、運転免許書やパスポートなどの本人確認書類のほかに50万円を超える借り入れの場合は収入を証明する書類も必要になります。

他社からの借入金と今回の借入と合算して100万円を超えてえる場合や所得制限があるローンでも収入証明書類が必要になります。

ペットローンというのは、ローンの使い道が限定されていますのでペットショップが発行する見積書や領収書など使い道を確認できる書類も必要です。

ペットショップにいる動物は数10万円と高額なので現金一括払いで支払える人は少ないと思います。

ペットショップも動物が売れなければ商売になりませんから信販会社と提携してペットローンを組めるようしています。

ショッピングローンというのは購入代金を信販会社が立て替えて支払い購入者は代金を信販会社へ利子をつけて分割払いで返済していくことになります。

クレジットカードと変わらないのは?と思われるかもしれませんがショッピングローンとは、購入対象の商品だけにローンが適用となるものです。

ペットショップで申込書に記入するペットローンもショッピングローンなので審査結果早いのですが、追加融資などは受けられません。

ペットローンを組む場合にも当然審査はあります

ペットローンを取り扱っている金融機関には銀行や信販会社がありますが審査が厳しくハードルが高いのは銀行のペットローンです。

銀行のペットローンはペットショップで組むローン(信販会社)よりも低金利で人気がありますが一般的に金利が低いほど審査が厳しくなると言われています。

ちゃんと返済してくれる人であれば安心して貸すことができるということでその代価として低金利で融資しますよという事なのです。

銀行のペットローンが一番審査が厳しくその次は信販会社のペットローンと言われています。

銀行や消費者金融でローンを組むことができますが消費者金融の場合は総量規制があります。

パートをしている主婦の場合は年収の1/3以内でしたら消費者金融で融資を受けることができますが専業主婦の場合は年収がないので借入はできません。

銀行は総量規制の適用外なので専業主婦でも融資可能となっていますがペットローンに関しては、必ずしも借りられるとは限りません。

スルガ銀行の場合だと「安定した収入がある方」という条件がついており条件によっては収入確認資料の提出が必要になることもあります。

イオン銀行にもペットローンはありますが、収入のない人は申し込めませんから専業主婦の方は、働いている旦那さんの名義でローンを組むことになります。

ペットローンというローンを取り扱っている金融業者はあまりないのですが目的別ローンといった形で対応している業者は多いです。

ローンを提供している金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、消費者金融は総量規制がありますので無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外ですから無職や無収入の人でも借り入れ可能とされていますが、ほとんどの金融機関で申込資格に「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされていることが多いです。

信販会社のショッピングローンはどうものかというと、ペットローンを例にすると、ペットの代金を信販会社が立て替えて支払し、その後購入者が信販会社に月々返済していくという仕組みです。

ショッピングローンはなんとなく、審査のハードルが低く見られがちですがこちらも申込資格には「安定継続した収入」という項目があることが多いです。

ペットショップにいる動物は数10万円と高額なので現金一括払いで支払える人は少ないと思います。

ペットが売れないことにはショップも商売になりませんので信販会社と提携してローンを組めるようにしているショップが多いです。

ショッピングローンはペットの購入費を信販会社が立て替えることで購入者は購入代金を信販会社へ分割払いで返済していくシステムです。

クレジットカードで買い物をするのと同じと思われがちですがショッピングローンというのはペットならペットだけがローン対象となるローンです。

ペットショップで申込書に記入するペットローンもショッピングローンなので審査も速くすぐに利用できるメリットがありますが、追加融資は受けられません。

フリーターやアルバイトの人がペットローンを組む際には制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも返済能力がない人には貸せませんから、勤務期間は最低でも継続1年以上はないと厳しいでしょう。

また、イオン銀行の場合では前年度の税込み年収が200万円以上という条件がありますがスルガ銀行は年収制限がありませんので、アルバイトでも申請可能です。

信販会社ではオリコが使途にペット購入費を認めている多目的プランというのがありますが満20歳以上で安定した収入があれば、雇用形態は不問です。

消費者金融にはペット購入目的のローンはないのですがプロミスの目的ローンは収入の1/3以内ならアルバイトでも利用可能です。

ペットローンを用意している銀行や信販会社は色々とありますがいずれのローンを利用したとしても返済する際には利息を加算する必要があります。

金利の設定は一般的に金利が低い順に並べますと、銀行、信販会社、消費者金融と言われており金利が低くなるにつれ審査の厳しさが上がります。

銀行ペットローンの金利を例に比較すると、イオン銀行の金利は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の金利は年2.5%から年7.5%で、オリコの多目的プランだと年6.0%から13.2%ですから銀行よりも高い金利なのです。

一方、消費者金融(プロミス)だと、目的ローンという商品になり年利6.3%から年16.5%とかなり高金利となっています。

融資の最大限度額はイオン銀行が700万円、スルガ銀行は800万円ですが消費者金融のプロミスの場合は300万円程度で、総量規制も適用されます。

ペットもケガや病気になる可能性はあるのですが人間のような医療保険制度が確立されてはいません。

ちょっとした通院でも全額実費になりますので生体代金よりも高くつくことも覚悟していなければなりません。

最近ではペット保険が普及しつつありますが、給付条件が厳しかったり、申請できる回数が少なかったりなどあまりメリットを感じない保険も多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは健康なので保険のお世話になる心配は少ないのですからペット保険はまだ入る必要はないとと感じる人も少なくないと思います。

近頃は、転ばぬ先の杖として保険の加入を検討するよりも転んだ時の対策としてペットローンの利用を考えている人も多いようです。

ホームセンターのカインズホームではペット用品は充実していますが、ペット自身の販売はあまり見かけませんね。

しかし、北海道と東北地方を除いた、関東地方を中心としたカインズホームでは「ペッツワン」というペットショップが併設している店舗があるのです。

ペッツワンで取り扱っている生体はカインズホームのサイトから閲覧することができ犬、猫、小動物など、カテゴリー別に検索することができます。

トップページには1ヶ月以内の新着犬がランダムに表示されるので運命を感じさせる犬と巡り合えるかもしれません。

気に入った子が見つかったら、すぐにお家へ…と思うのが心情ですので資金に不安を感じたらペットローンを使うのも有効な方法です。