Loading...
Latest news

ペットローン審査甘いのは?正社員じゃないけどとにかくすぐ借りたい

銀行のペットローンはローンの中でも特に審査のハードルが高いことが予想されます

ペットローンというローンがない銀行や消費者金融などは多目的ローン等、使途を限定して金利を抑えた商品を提供しています。

金利は、銀行の一番低く、消費者金融が1番高いとされていますが低金利なローンほど審査の難易度があがると言われています。

また、同じ金融機関でも使い道が制限されないフリーローンもありますが、使途が限定された低金利にしたローンの方が審査は厳しいと言われています。

つまり銀行のペットローンはローンの中でも特に審査のハードルが高いことが予想されますから審査に通らないという人は、同行のカードローンなら通るかもしれません。

また、銀行カードローンの審査は信販会社のペットローンとあまり差はないという話もありますので双方の金利を比べて、金利が低いローンを利用するというのもアリだと思います。

ホームセンターで知られているカインズホームではペットグッズは充実していますが、生体の販売はあまり見かけません。

しかし、関東地方を中心とした日本各地において「ペッツワン」というペットショップが併設している店舗があるのです。

ペッツワンで取り扱っている生体はカインズホームのサイトから閲覧することができ犬、猫、小動物、観賞魚といったカテゴリー別に検索も可能です。

ペッツワンでは特に犬をプッシュしているようで、トップページ上に新着犬がランダムに表示されていますのでビビビと直感する犬に会えるかもしれません。

気に入った子が見つかったら、すぐにお家へ…と思うのが心情ですので手持ちや貯金に不安を感じる場合はペットローンを使うのも有効な方法です。

非正規雇用の人(アルバイトなど)がペットローンを組む場合には期間や金額等制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも確実に返済してもらう判断基準としていますので継続勤務期間は最低でも1年以上は欲しいところです。

雇用形態や年収の条件についてですが、イオン銀行だと前年度の税込み年収が200万円以上という条件がついていますがスルガ銀行の場合は年収制限はなく、アルバイトでも申し込むことができます。

信販会社ではオリコがペットローンに利用可能な多目的プランという商品がありますが満20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトでも申し込みは可能です。

消費者金融だと、ペットローンというローンはないのですがプロミスの目的ローンなら、収入の1/3以内ならアルバイトでも融資を受けることができます。

ペットローンを利用したいのだけれど年収が低くて審査に通るか不安…などローンを組む勇気が持てないという人も多いのではないでしょうか?ペットローンの申し込み条件は「安定かつ継続した収入があること」という項目が多く年収制限が明示しているのはイオン銀行の200万円だけです。

ペットローンでは収入があればアルバイトなどの非正規でも融資可能というローンが多く年収よりも、安定かつ継続していることの方が大切なようです。

当然、年収は多い方が有利になりますがそれよりも勤続年数が長いことの事の方が重要です。

その他にも、過去にローンの遅延や滞納がなかったか?債務整理や自己破産歴がないかなど、返済状況や金融事故歴のほうが問題になりますから、年収ばかりに気をとられていてはいけません。

ペットローンとはペットショップで動物を買う場合に組むことができるローンです。

人気の犬種で一番安価な柴犬でも13万円から28万円が相場ですしトイプードルやロングチワワなどの人気犬種は20万円から38万円程度になります。

人気の猫種もアメリカンショートヘアーやスコティッシュフォールドは20万円から28万円が相場でブリティッシュショートヘアーは、30万円前後が相場になっているようです。

更に血統書の有無でも価格が大きく変わることがありますからペットショップで犬や猫を飼う場合は日常生活の中では決して安い買い物ではないのです。

特にペット選びにおいては、ビビッときた子と出会ったが最後ですからすぐに連れて帰るためにはペットローンを有効に利用したいですね。

銀行と消費者金融にはローンの提供がありますが消費者金融の場合は総量規制があります。

パート主婦だったら、年収の1/3以内であればローンを組むことができますが、専業主婦の場合は年収がないので、消費者金融から融資を受けることはできません。

銀行のローンは総量規制はないので専業主婦でも融資を受けることができますがペットローンに関しては、必ずしも借りられるというわけではありません。

スルガ銀行の場合だと「安定した収入がある方」という条件がついており場合によっては収入確認資料を用意しなければいけません。

イオン銀行もペットローンがありますが、学生や専業主婦、無職の人は申し込むことはできませんので専業主婦の方は、夫の名義でローンを組みましょう。

ペットローンというローンを取り扱っている信販会社や銀行は数多くありますがローンを利用する場合には必ず利息を加算する必要があります。

金利が低い順だと、銀行、信販会社、消費者金融で金利が低くなるほど審査のハードルが上がると言われています。

銀行ペットローンの金利で比較してみると、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランは、年利6.0%から13.2%となっています。

一方、消費者金融(プロミス)だと、目的ローンという商品になり金利は年6.3%から年16.5%とかなり高金利なのがわかりますね。

最大限度額はイオン銀行が700万円、スルガ銀行は800万円と高い金額ですが、消費者金融の借入だと300万円しか融資を受けられません。

楽天市場や銀行で有名な楽天ですがペットローンと言う商品は取り扱いがありません。

楽天銀行にはスーパーローンというカードローンがあるのですが他には目的型ローンとして、ブライダルローンや教育ローンといったローンがあります。

銀行の目的型ローンというのは使途が限定されるだけで内容に規定はないのが一般的なのですが楽天銀行の場合は使い道についても限定されています。

楽天銀行のサイトには、ブライダルやトラベルと同じ項目で自動車ローンもありますが自動車ローンは目的型ローンではなく楽天スーパーローンでの対応になります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育を除き、その他のローンは通常のカードローンでの融資になりますのであえてペットローンにこだわる必要はまったくありません。

ペットショップで販売されているペットは数十万円にも

ペットショップで販売されているペットは数十万円にもなるので現金一括払いという人は珍しいかもしれません。

ショップも動物が売れないことには困ってしまいますから信販会社と提携してペットローンを組めるようしています。

ショッピングローンというローンは代金を信販会社が立て替えて購入者は信販会社へ利子を付けて分割で返済していくことになります。

クレジットカードで買い物をするのと同じ感覚かもしれませんがショッピングローンというローンは購入対象の商品だけのローンになります。

ペットショップで申請する信販会社のローンはショッピングローンなのでカードが発行されることはありませんし追加融資も受けられません。

ペットローンというローンは、ペットの購入費や治療費など使途が限定されていますがローンに申込んで審査をクリアしなければ利用することはできません。

申請するには郵送やインターネットから選べ、ローン申込書に記入し提出(送付または送信)する必要があります。

申請に必要なものとして、パスポート等の本人確認書類のほかに50万円を超える融資を希望する場合には、収入を証明する書類も必要になります。

すでに他社からの融資を受けていたり、所得制限があるローンでも収入証明書類の提出が求められます。

ペットローンというのは、ローンの使い道が限定されていますのでペットショップが発行する見積書や領収書など使い道を確認できる書類も必要です。

クレジットカードで知られているオリコのローンはカードローンや目的別ローン、キャッシングがありますが特にオリコのオートローンは業界のトップをシェアです。

しかし、オリコではペットローンは扱っておらず使途が自由な多目的プランを利用することになります。

よって、ペット販売店がオリコと提携していれば多目的ローンの利用になりますがオリコの審査は非常にスピーディなので、その場で審査結果が出て契約することができます。

申し込み条件は満20歳以上、担保や保証人は不要で、借入可能額は10万円から300万円までとなっています。

注意点として、オリコから借り入れるお金が50万円を超える場合やほかの金融機関との借入れの合計が100万円を超えてしまうと、所得証明書が必要になります。

ローンが組める金融機関には銀行と消費者金融がありますが消費者金融の場合は総量規制があります。

パート主婦だったら、年収の1/3以内であればローンを組むことができますが、専業主婦だと消費者金融から融資を受けることはできません。

銀行のローンは総量規制はないので専業主婦でも融資を受けることができますがペットローンに関しては、必ず融資を受けられるというわけではありません。

スルガ銀行では「安定した収入がある方」という条件になっていますので場合によっては収入確認資料の提出が求められます。

イオン銀行もペットローンがありますが、学生や専業主婦、無職の人は申し込むことはできませんので専業主婦の方は、現金で購入するかご主人にローンを組んでいただくしかありません。

ペットローンを取り扱う金融機関や信販会社は数多くありますがローンを利用する場合には必ず利息を加算する必要があります。

金利が低い順に並べますと、銀行、信販会社、消費者金融となっており金利が低くなるにつれ審査の厳しさが上がります。

銀行ペットローンの場合、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%でオリコの多目的プランの場合、年利6.0%から13.2%なので、銀行より高金利なのがわかりますね。

消費者金融のプロミスだとペットローンはないので、目的ローンという商品になり金利は通常のカードローンよりも1.0%ほど低めですが年6.3%から年16.5%と一番高くなっています。

融資の最大限度額はイオン銀行が700万円、スルガ銀行は800万円ですがオリコやプロミスは300万円程度でしかもプロミスには総量規制が適用されるというおまけつきです。

ペットローンというローンがない銀行や消費者金融などは目的別ローンなど、学費など使途を限定すること金利を抑えた商品を提供しています。

金利は、銀行の一番低く、消費者金融が1番高いとされていますが審査は低金利なローンほど厳しくなると言われています。

同じ金融機関でも使い道が制限されないフリーローンというローンもありますが、使い道が限られている低金利のローンの方が審査に通るのは大変と言われています。

つまり銀行のペットローンはこの中で一番審査が厳しいことが予想されますから審査に通らないという人は、同じ銀行のカードローンなら審査をパスできるかもしれません。

また、銀行カードローンは信販会社のペットローンの審査基準は同程度という話もありますから双方の金利を比べて、金利が低いローンを利用するというのもアリだと思います。

楽天市場やクレジットカードで知られている楽天ですがペットローンと言う商品は取り扱いがありません。

楽天銀行にはスーパーローンという使途が自由なカードローンがありますがその他には教育ローンやブライダルローンといった目的型ローンがあります。

通常、銀行の目的型ローンは使途を限定するだけで内容に関しての規定はありませんが楽天銀行の場合はブライダルローンはブライダル専用(金利年7.0%)というように使い道についても限定されています。

楽天銀行のサイトには、自動車ローンも掲載されているのですが楽天銀行の自動車ローンは通常のカードローン(楽天スーパーローン)での対応になります。

このように楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育以外のローンは通常のカードローンになりますのでペットローンという名称にこだわる必要はまったくありません。

ペットを購入するにあたって、ローンを組む場合頭金を納めておくと借入金額を減らすことができます。

借入金額が減れば審査のハードルも下がりますからペットローンに申し込みやすくなりますよね。

頭金を納める金額は多いに越したことはないのですがいくら納めるかは任意です。

ただし、犬や猫の場合は生体価格以外にワクチンなどの費用が数万円程度かかりますから手持ちのお金を全額頭金にしてしまうのはやめておきましょう。

その他にも、首輪や餌、ペットシーツなどのといった費用も必要になりますし小屋やケージを含めると数万円はかかることを念頭に入れておきましょう。